プリンタドライバ(RICOH IPSiO 6310)について。

本日は、当社のクライアント企業に、プリンタの入れ替えに伴う設定作業に伺ってまいりました。

 

なんでも、当企業においてはリースアップとなる前機種の後継で

RICHO IPSiO 6310 という機種。

 

早速付属のドライバCDからインストールしてみました。

↓   こんな機種て゛す。


 

ところがどうして、合計10台のPCにインストール作業を施したのですが、

そのうち、約半数は、付属のCDからインストールできないではありませんか。。。 orz.

 

結果の判明まで、かかるところ ロスタイム/約15分。

 

結果的には、64bit OS には対応していないということでした。

 

それならそうと明記しておいて欲しいものだ。。 (-_-;)

 

 

でもって、ネットワーク環境下での認識率は、8/10 ということで、

10台のうち、2台が「おすすめインストール」では当該プリンタが認識されませんでした。  (-.-)

 

もし、このプリンタを導入検討されている企業様があるなら、環境設定は要注意です。

 

以上、ご報告まで。

 

ではまた。

 

——————-

PS:と、記事を書いていて気づいたことが一点。

この機種(IPSiO 6310)って、もう既に(2015年2月までに)生産終了機種で、さらなる後継機種(IPSiO 6410)が発売されているんですよ。

いくら「リース」だからとっいて、1年半前に終了しているモデルを導入するリース会社(販売店)って、どうなんでしょ!?

相手(導入先機業)がITに疎いからといっても、チョイと道徳心に欠けるのではないだろうか。

マ、導入条件(価格面とか)については聞かされていないので、なんとも言えませんが。。。