【要注意】 Inetrnet Explorer をお使いの方へ

Windowsを搭載したパソコンをお使いの方は、標準設定では、”ブラウザ” と呼ばれる類の「ホームページを閲覧するためのソフトウェア」が”Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー)” が既定設定になっている場合が多いです。

この Internet Explorer(Version 6 ~ 11) に脆弱性(保安上の弱点)が見つかりました。

今までも脆弱性は度々見つかり、そしてその都度提供メーカーである Microsoft社 からその修正プログラムが提供されてきました。

ただ、今回の脆弱性については、現時点(2014/4/30)では 修正プログラムが提供されていません。

そして、問題となるのが、古めのバージョン(Ver.6)から最新のバージョン(Ver.11)まで、全てのバージョンがその対象となっていることです。

現在、Internet Explorer をお使いの方は、Microsoft社からの修正プログラムが提供されるまで、しばらくはご使用にならないよう、注意して下さい。

 

では、どうすれば良いのか?


それは、『他のブラウザを使う』ということです。

 

“ブラウザ” はなにも Interner Explorer だけではありません。

代表的なものに
  • Firefox
  • Chrome
  • Safari
などがあります。

以下にリンクを掲載しますので、これらのブラウザソフトをダウンロード及びインストールして、ご利用下さい。
もちろん、全て無料です。

 

Firefox
http://www.mozilla.jp/firefox/

Chrome
http://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/browser/

Safari
http://support.apple.com/kb/DL1531?viewlocale=ja_JP

 

[参考URL]

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 の関連ページ
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20140428-ms.html

Microsoft Security  TeckCenter の関連ページ
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/2963983