BLOGというメディア。

ご無沙汰してます。

今回は、BLOGというメディアについて考えてみたいと思います。

 

 

その昔、「日記」を主軸に、”トラックバック” や ”コメント” といったインタラクティブ(双方向)コミュニケーションが可能なツールとして、web界に多大な影響を及ぼしたツールとしてクローズアップされました。

 

現在では、Facebook、twitterに代表されるSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)が脚光を浴び、その地位が取って代わられようとしています。

 

SNSでは、日々、「こんなことがありました」「こんなランチを楽しみました」「○○さんと一緒に居ます」といった投稿が頻繁に行われ、みなそれぞれに楽しんでおられます。


では、

アナタが投稿した記事(文章)は、どこに保存されているのでしょうか!?


そうです。

SNSを提供している 事業者のサーバー内に存在(保管)しているのです。

 

こと、ビジネスにICTを活用されている方は、「コンテンツ」というものに敏感な方が多いと思いますが
ある側面から見た場合、その「コンテンツ」という ”自身のもつ優位性” そのものを
”他社” に受け渡してしまっているとも考えられます。

 

オリジナリティ=個性

 

を発揮すべき部分の「コンテンツ」(ノウハウとも言えるかも知れません)を他社にやすやすと引き渡してしまっているという現状に少し疑問をもつ今日この頃です。

 

「大ドンデン返し」がないことを祈ります。