”先行者利益” と ”アウトプット” の関係 (2)

後半のお話をさせて頂きます。

先日お話させて頂いた「先行者利益」ですが、


前回、 「先ずはやってみる」  事から始まるとお伝えしました。

この事と、アウトプットとは関係性があると考えます。


ここでいうアウトプットの語意としては
「吸収した経験や学習をもとにして出来た、成果や実績」


です。



そして、SNS界でよく言われることで、

「SNSを活用して有益な情報を得て(インプットして)活用しようとした場合、
先ずは 自分自身から有益な情報を発信(アウトプット)するべきだ。
アウトプットを多くしている人に情報が自然と多く集まるものだ」

と語られています。






→ 出来るだけ早いタイミングで、自身の得意とする分野で先ずは何かをやってみる
→ 実体験としての経験値を得る
→ その体験を基に有益な情報を発信(アウトプット)していく
→ 有益な情報に魅力を感じたユーザーやフレンドが口コミを通じて自然に増える
→ 多くのユーザーに「よく見聞きする有益な情報を発信している人」として認知されていく
→ 信頼度が増す
→ ユーザーから質問や問い合わせをうけるようになる
→ 自身が得意とする分野のユーザーのニーズがダイレクトに聞こえてくるようになる
→ ユーザーが求めているニーズに応える
→ 自身にメリットがもたらされる

 

どうでしょうか。 「風が吹いたら桶屋が儲かる」的な流れ。


ここでポイントなのが、「出来るだけ早いタイミングで始める」という点です。

誰もが知っていることをいくら発信しても当たり前過ぎて誰も見向きもしないですよね。


そして、「吸収した経験や学習をもとにして出来た、成果や実績」という意味では

未だあまり知られていないことを学び、それを他者に伝えていくことで、
結果的に自身の成果として帰ってくる。


と考えられます。




いかがでしたか?


先行者利益とアウトプットの関係 について、アナタはどうお考えですか?



///////////////////////////////////////////

記事内容をご覧になって、ご意見・ご質問 がある方は
下記コメント欄にご記入下さい。

当社:担当者 と是非ディスカッションしましょう。